人気ブログランキング |

09.09.12(土) オドイーターゲルトラブーコ

本日オドイーター(届いーた)アシックスゲルトラブーコ。
来週の大峰奥駆になんとか間に合った。
さっそく気になる大きさと感触をチェック。
左がニュータイプ、右が従来のもの(色がくすむ程酷使しました)
同じ25.5.cmだけどニュータイプが若干細長く感じる。
底部(前側)の幅、面積はあきらかに違う。
09.09.12(土) オドイーターゲルトラブーコ_a0062810_18381681.jpg


ソウルはブロックパターンとなってグリップUP設計?
モントレイルに代表される海外品を意識したのかここまでのブロックパターンは必要ないのでは・・・
悪路でのグリップが向上する反面デメリットも考えられるからだ。
ブロックにすると接地面積が少なくなり岩盤などでのグリップ性能が落ちる。又ブロックの高さを出すためか分厚くなってるようで今までの感覚で脚を運ぶと突起物に引っかからないか心配だ。それと高いブロックによる剛性不足(ヨレ)を防ぐためソール自体の剛性を上げてる?ので堅く走るにくくないかなど?
そう言った点では旧型のゲルトラブーコは良く設計されていた!と思う。

■グリップ走行について
特に下りではブロックに頼るのではなく足の着地角度と重心位置が重要なのだ!この基本がしっかりできていればシューズソウルに左右されることはない(MTBも同様?)。
09.09.12(土) オドイーターゲルトラブーコ_a0062810_18382611.jpg

いづれにしても旧型のゲルトラブーコは酷使し過ぎて(甲の部分は破れソールは磨り減り)もうこれ以上使用不可能状態なのでニュータイプに馴染むしかない!(ソールが磨耗するくらいに使い込んだらええ感じのシューズになるのでは)

by katorogu | 2009-09-12 19:05 | トレイルラン・川遊び