2012.09.20~21 サインはV熊野古道 途中で参る

2009年の大峯奥駈に小辺路を加えた「サインはV熊野古道百参る」を試みる・・・
行程は吉野の金峯神社から熊野本宮までの大峰奥駆、そして本宮から高野山までの小辺路だ。
それを線でつなぐとローマ字のVの字になる・・・
距離はおよそ160kmつまり100マイルなので百体の仏像をお参りして「百参る」・・・
a0062810_15232546.jpg



通行人安全・・・その昔からあったものか・・・
深仙の宿まででおよそ30体の仏像があった。
a0062810_15282980.jpg



弥山の水場、雨上がりのあとだったこともあり両谷から小川になって流れていた・・・
a0062810_1531754.jpg



ほとんど枯れてることが多い孔雀岳手前の水場(鳥の水)。
今回はフリーズドライ米を作れるほど水が流れていた・・・
a0062810_15351178.jpg



夕闇せまるお釈迦さん(釈迦ケ岳)、大峰の静寂を一人占めできる至福の空間でもある・・・
a0062810_15381169.jpg



出発してまもなくペースが遅いのが気になっていたが・・・
釈迦ケ岳に着いてメモしていた2009年の通過タイムを見て力が抜けた!
前回2009年の9時間に対して今回が11時間20分・・・
このペースでは高野山までどれだけ予定時間より遅れることか・・・
釈迦岳からの下り道で何度も足を取られながら下りきった頃にはリタイヤを決めていた・・・
深仙の宿(じんせんのしゅく)で夜を明かす・・・
a0062810_16102640.jpg



翌朝5時前に深仙の宿を出発。
一晩中降り続いていた雨は止みかけていた・・・
a0062810_16131586.jpg



前鬼におりたらこの電話BOXで無事下山の一報を!
なにせ金峯神社を出発してこの時点でも携帯の電波は通じないのだから・・・
a0062810_16154114.jpg



前鬼口のバス停、吉野へは1日2本だけのバスの運行だ・・・
a0062810_16173861.jpg



きなりの湯でくつろぎの館。
タイムに制約されると楽しみも半減するのでもっと余裕のある時間設定を・・・
などと次回の計画を考えるマン!
a0062810_16193579.jpg




■今回の持ち物
軽量のためストックは持って行かず。
奇跡を残すGPSははぶくことはできない・・・
リザーバータンク(ハイドラパック)は給水セットするのに手間がかかるので次回はリザーバーなしのボトルのみで・・・
a0062810_16244827.jpg




金峯神社7:00(7:00)山上ケ岳10:20(9:50)~弥山14:45(13:27)~釈迦ケ岳18:23(16:01)~深仙の宿18:55
※(  )内は2009年の時間
a0062810_16265296.jpg

[PR]

by katorogu | 2012-09-23 16:47 | トレイルラン・川遊び | Comments(0)