人気ブログランキング |

11.08.02(火) タロンで水ビヤ~ン

昨日ゲットしたX-TALONシューズの試し履きも兼ねて裏六甲の地獄谷で水ビヤ~ン。
この季節は沢沿い六甲ハイキングが気持ちヨカ!たん。
11.08.02(火) タロンで水ビヤ~ン_a0062810_1571365.jpg



そうそう昨日スズメバチに刺された藪サ・・・何かあった時のために食料・水以外にも携帯すべきモノがありますぞ!
そこで本日の持ち物↓はと・・・
①エマージンシート(体温低下を防止、夏場といえバカにできない)②テーピングテープ(捻挫からいろいろ用途あり)③ポイズンリムーバー(蜂刺され)④ホイッスル。ここからは写真にないけど⑤アーミーナイフ⑥ライト⑦電話⑧カメラ⑨ラジオ⑩鈴
11.08.02(火) タロンで水ビヤ~ン_a0062810_15185950.jpg



今回のルートは地獄谷を登り、ダイヤモンドポイントから水晶山を経て尾根沿いに地獄谷入口に戻る。
でX-TALONシューズの感想だがまず軽い!そして履いた感覚は素足に両面テープでブロックソール(のみ)を貼り付けた感じ?。足の裏でブロック1ケ1ケが感じ取れるくらい(笑)
なので走り始めはブロックのヨレる感じが気になったがその反面下りなどではそのヨレ感が衝撃を少し和らげてくれるようにも思えた。

濡れた岩場では接地面積が少ないためかグリップ力に不安もあったが慣れればそれほどでもなかった(但しタカミクラのような岩盤路面で間違いなくは剛性不足になるであろから使用は控えたい)

復路での尾根沿いの下りはサラサラの砂が浮いた路面、このような路面ではこのシューズの特徴であるハイブロック、ソフトコンパウンドのソールが強力な食い付きを実現させてくれた。
(注意:ハイグリップに頼ってばかりだと滑った時のリスクが大きいので常に滑った状況を想像しながら走ることを忘れないように)

ソールパターン&コンパウンドからして固い路面向きではないのだがモウひとつ軽量優先のためか底厚が薄くクッション性が全くない!のでこれでエキスパート以外はロングランを走るのはキツイのでは・・・
柔らかいブロックの減りも早そうなのでタイムトライアル(そんなんするん?)とかレース用に使うのが良い!かと・・・
タロンのシューズは海外モデルにありがちな先細形状。今まで使っていたアシックス、ミズノなどと同じ25.5cmで幅などフットしているのだがわずか(5mm位?)に突き出た先端部分が時々岩や根っこに引っかかる!のが気になった。

このような路面では登りも下りもグリップバツグン!
11.08.02(火) タロンで水ビヤ~ン_a0062810_15473170.jpg




終わった後は「ちょっとだけよ」でクールダウン(笑)
11.08.02(火) タロンで水ビヤ~ン_a0062810_15483665.jpg



と神戸の「おうぎん」で腹ごしらえを。
11.08.02(火) タロンで水ビヤ~ン_a0062810_15492226.jpg

昨日のアサミクラもそうだったが下山時左膝に違和感があり小走りクンは控えめにした。
階段的なくだりはマシだが不規則な段差の下りはまだ筋肉不足なのか・・・


で生ビール・・・
は昨夜のモノでした~(笑)
11.08.02(火) タロンで水ビヤ~ン_a0062810_1559883.jpg

by katorogu | 2011-08-02 15:49 | トレイルラン・川遊び