人気ブログランキング |

10.04.28(水) ゲルフジがオドイーター

本日ゲルフジ(去年モデルだけど)が届い-たー。
見た目にはかなり幅が狭いけど実際に履いてみるとゲルトラブーコとあまり幅の差を感じない。
とにかく軽く(アシックスターサーより26g重いだけ)走り易い。
トレランシューズに比べるとグリップ力そして素材の強度は落ちるが六甲山などのような通常のハイキング道なら十分だ。

そしてシューズ同様大事なのがインソール。
オイラはショックドクターを愛用。
10.04.28(水) ゲルフジがオドイーター_a0062810_14212141.jpg



左から
アシックス ゲルフジ    大峰早駆 六甲縦走 他に使用
重量:276g(ショックドクターウルトラ2ロープロフィル 64gを含む)
アシックス ゲルトラブーコ 大峰奥駆、夜間行動時、藪こぎ、MTB乗車時に使用
重量:394g(ショックドクターウルトラ2ロープロフィル 64gを含む)
ミズノ ウェブライダー タカミクラ、六甲などハイキング道に使用
重量:346g(ショックドクター Xアクティブ76gを含む)
サイズは全て25.5cm  重量は片側のみ

■ショックドクターウルトラ2ロープロフィル(暑さ2.5ミリ)↓
薄い分、踵部分が深みの形状になっている。そのため踵部分のホールド感が増し足首などの安定性向上に優れる。
■ショックドクター Xアクティブ(厚さ5.0ミリ)↓
こちらはぶ厚くクッション及び衝撃吸収に優れる。舗装路など堅い路面におすすめ。
10.04.28(水) ゲルフジがオドイーター_a0062810_14205587.jpg



今までの大峰早駆大会でもゲルフジが活躍した。
富士山の砂場走り時の旧々型のゲルフジ、インソールが見えないくらい砂で真っ黒。
10.04.28(水) ゲルフジがオドイーター_a0062810_1422781.jpg

by katorogu | 2010-04-28 15:07 | トレイルラン・川遊び