2012.05.28(月) 遠足クラブ大峰早駈(後半)

2年前に行った大峰早駈前半(2010.10.12)の続きの後半部分を行ってきた。


八経ケ岳で修行僧になる・・・
a0062810_16291960.jpg



緑が心をいやしてくれる・・・
a0062810_16302067.jpg



修行僧が似合う場所だ・・・
a0062810_16335311.jpg



モウ怒った!ら休まんかいっ!
a0062810_1634247.jpg



下山後の温泉に行くと顔出しボードが・・・
ならばオリジナルで対抗だマン!
a0062810_16351232.jpg



温泉マン!
a0062810_1636537.jpg



道の駅で名物のこんにゃくをいただく!
おいしくってみな2つ食べる。
a0062810_1638771.jpg




天川役場に駐車、タクシーで行者還トンネル駐車場まで移動(タクシー代¥5.000)
行者還トンネル駐車場を7時35分~弥山10時23分休憩~八経ケ岳10時57分~栃尾辻12時33分~河合(役場)14時00分
a0062810_16392415.jpg

[PR]

by katorogu | 2012-05-31 16:40 | トレイルラン・川遊び | Comments(0)

2012.05.27(日) 人生はであいだあ~

今日は大阪からたくさんあそびに来てくれた!

六甲CB繋がりのとんそく(頓足)さんはタカミクラの帰りに・・・
a0062810_19425918.jpg



こちらはfacebookお友達の松島さん
a0062810_19455999.jpg

先日のUTMFは体調不良だったけどこの言葉で吹っきれた!とのこと・・・
a0062810_1955153.jpg




そして子供トライアスロン大会帰りに寄ってくれた有吉ファミリー
こちらもfacebook繋がりだ!
a0062810_19482022.jpg

[PR]

by katorogu | 2012-05-27 19:49 | その他 | Comments(2)

12.05.24(木) ロングライド仕様

先日の明石~天子山地(端足峠)のロングライドのBike仕様はこな感じ。



a0062810_1919327.jpg

①ライト:キャットアイHL-EL540→街灯の少ない箇所もあるためとにかく明るいものが良い!
②TOPEAKトライバック(マップ・乾電池・カメラ・携帯電話)→すぐに取りだしたいモノを収納するのに便利。
③テールライト:BikeGuyハーグワットパワーLEDライトR-3→前方より気を使いたい。今までの中で一番アピール度の高いテールライト?
④ヘルメットライト:BikeGuyトライスター→テールライトは高い位置にも付けたい!軽くて取り着け簡単で明るい。
⑤ヘルメット:OGKレジモス→軽くてかぶり感もグッド。
⑦ザック:グレゴリーミウォック18→今回は顔出しボードとかがあったのでこの容量になったが本来ならもっと小さいザックが負担が少なくてグッド。
⑧ジャケット:モンベルULウインドジャケット→軽量コンパクトなので使わない時でも楽に携帯できる。
⑨グローブ:OGKEXG-1→長距離になると指きりではないほうが安心感がある。
⑩サングラス:オークリーRADAR
⑪パンツ:パールイズミ925-3D(7分丈)→腰回りのサポートしっかりしていて(脱ぎ着が大変なくらいきつい)腰痛対策になった。
a0062810_1919341.jpg




⑫パンをガムテープで固定
⑬ボトルをカットしてモノ入れにする
フロントバックの設置も考えたが重たくなるのでそれらの収納を⑫⑬で補うことに。
a0062810_1919312.jpg

[PR]

by katorogu | 2012-05-24 19:44 | チャリンコ・雪遊び | Comments(1)

2012.05.18(金)~20(日) 裏UTMF チャリビヤ~ン明石~天子山地

UTMFの応援・・・
せっかく行くのに応援だけではなんか物足りない・・・
ちゅーことでチャリンコで行くことにしたマン!
題して裏UTMF(よっちゃんの言葉を拝借しましたマン)

18日(金)午前3時ロールアウト(明石)を出発。
1時間ほどで神戸の貿易センタービル前。
目的地までの距離からすればここはまだまだウォーミングアップにもならない箇所(笑)
a0062810_11321176.jpg



京都でお寺を撮るべくカメラのスイッチをONにするとフル充電のはずのバッテリーがほぼゼロ状態(汗)
モウ一個のバッテリーに交換するがUTMFの写真がこのバッテリーで足りるだろうかマン?
a0062810_11353746.jpg



ちゅーことでカメラ屋さんを探しならペダリング。
愛知までいったところでコジマを発見!
バッテリーだけ欲しかったが在庫はなくモウ怒ってカメラを買うマン!
「なんでもいいから乾電池タイプカメラ下さいマン!
a0062810_1140159.jpg



カメラを買う間鍵のないチャリンコは店内持ち込みに!
a0062810_11415869.jpg



急にcoco壱のカレーが食べたくなって休憩がてら入る!
このあとカレーが喉まで上がってきたマン!運動中のカレーはダメだマン!
a0062810_11443074.jpg



交通量の多い交差点を仕方なしに歩道橋に上がるとオイラの応援歌のような夕陽が・・・
パワーがよみがえってくるマン!
a0062810_11483852.jpg



夜になりカレーは封印して今度はパスタに。
結構疲れた顔がいいね!(笑)
運動中でもパスタはOKだったマン!
a0062810_1148262.jpg



19時22分、道の駅潮見坂に。
ロールアウトを出発して16時間ちょい・・・
a0062810_11584280.jpg



クルマ対象の道標だからバイパスに導かれてしまう!
何度チャリンコ進入禁止道路(バイパス)に入ってしまったか・・・
その度旧国道(バイパスでない)に復帰するのだが道がわからず何度モウ怒るマン(笑)
a0062810_123075.jpg



19日(土)
夜が明けるころには富士見川にある道の駅に。
富士山がオイラを迎えてくれてる・・・
明石を出発して約27時間ここで初めての仮眠(50分程)をとるマン!
a0062810_1284150.jpg



19日(土)午前9時39分
明石を出て518km、30時間50分、端足峠入口に着。
ここからはハイキグ道を経て応援箇所の端足峠に
a0062810_1210437.jpg



ナイスビュー富士山をバックに顔出しボードで撮っちゃうマン!
a0062810_1217424.jpg



応援幕をセットしてしばし横になるビヤ~ン!
このあと応援場所を移動。ベストは緩やかな登りがランナーのスピードも落ちてちょうどいいのだマン!
a0062810_1285095.jpg



今回いろんな人に会えた。
その昔サハラマラソンで一緒だった田中くん、なんと17年ぶり・・・
a0062810_1223173.jpg



かおちんマンとも初対面だ。
a0062810_12234073.jpg



ちくびマンことももちゃん!とは六甲CB以来の再会!相変わらず元気マン!
a0062810_1224533.jpg



今回仲間内で一番速かったのがけんこう堂のシゲちゃん!気合い入ってたね!
a0062810_1228724.jpg



20(日)朝
帰りは西富士宮駅から輪行で電車マン!
輪行袋を忘れた場合はこうするマン!
まずは前後のタイヤをフレームにしっかりと固定、次にビニール袋をかぶせる!
ハイ!コレで出来上がりマン!
持ち運び時は直接フレームを持つマン!
a0062810_12344124.jpg



水色より黒とかの方がそれなりに見えるかも・・・
a0062810_15302782.jpg



■5/18(金)午前3時ロールアウト出発~端足峠入口19日(土)午前9時39分着
■距離518km 合計時間30時間50分(仮眠約1時間他)
飲食物・パスタ2ケ・ココ一カレー1ケ・おにぎりパン7ケ・meitanccc 5ケ ピットインゼリー2ケ アミノバイタル3ケ スーパーバーム5ケ(水に溶かす) 飲み物(忘れる程飲んだマン
その他の写真はfacebook
裏UTMFチャリビヤ~ン
UTMF応援
a0062810_15232472.jpg

[PR]

by katorogu | 2012-05-21 16:03 | Comments(5)

12.05.15(火) 小辺路バイアスロン(百瀬~高野山)

先週の八木尾(果無峠)~百瀬、の続きを今回行う!
高野山にクルマを置いてチャリでスタート地点の百瀬まで移動!
そこから高野山までハイキングという先週と同じパターンだ!

今日は先週とはうって変わって雨模様・・・
わざわざ雨天にチャリを乗るほどストイック?ではないが
先日ゲットしたモンベルのバーサライトの上下も試してみたかったので小雨の中決行!
なんとSPDシューズを忘れる・・・がチャリがメインではないのでこれも又人生!
a0062810_839235.jpg



大峰もそうだがここ小辺路へ通じる山々は広大で魅力的だ・・・
a0062810_8425189.jpg



今回のスタート地点がここ!
a0062810_8444069.jpg



スタートしてしばらくは雨もさほど気にならない林の中・・・
a0062810_8463715.jpg



百瀬を出発して1時間43分で伯母子峠に・・・
a0062810_8482318.jpg



大股に下りてさらにここから登り返し!クマ・・・おるんかいな!
a0062810_8503191.jpg



百瀬を出発して6時間04分、雨に打たれてやっとのこと高野山に着!
雨具(モンベルバーサライト)を途中から脱いだがいったん脱ぐと再度着るタイミングが難しい・・・
後半は雨風が強くなったにもかかわらず着るタイミングを失い寒い思いをした。
a0062810_853947.jpg



あそんだ距離:チャリンコ/47kmA~B  徒歩/33km(ロスト約1km)
あそんだ時間:8時間43分
チャリ(移動)  高野山8:51~百瀬11:20(チャリ)
ハイキング   6時間04分   
         百瀬11:30~伯母子峠13:13~大股14:30 14:40~大滝16:30 16:35~高野山17:34
a0062810_8543751.jpg

a0062810_8551991.jpg

[PR]

by katorogu | 2012-05-16 09:08 | トレイルラン・川遊び | Comments(0)

12.05.08(火) 小辺路(こへじ)バイアスロン

サインはVの下見も兼ねて小辺路へ。
大峰奥駆と比べると女性的な山のイメージが浮かぶ小辺路だが登ったぶん下る!を繰り返す1000mを超える3つの峠、果無峠(はてなし)・三浦峠・伯母子峠(おばこ)がある。
今回は八木尾(168号線の電話BOXから)から百瀬(ももせ)まで2つの峠越えのルートだ。
メンバーは塚原さんとワイワイ吉本とオイラの3名。

まずは百瀬にクルマをデポしてそこからチャリで八木尾まで移動。
途中168号線添いにある滝ビヤ~ン。
a0062810_18343221.jpg



八木尾、ここから果無峠を目指す!
チャリはいつものごとく草むらに隠すビヤ~ン!
a0062810_18362649.jpg



果無峠を過ぎ少し下ると観音堂のある給水所に・・・
a0062810_1839971.jpg



そして十津川を望むナイスビューポイント・・・
a0062810_18401116.jpg



4~5年前?にはなかった立派な標石が建てられていた。
a0062810_18412654.jpg



十津川から425号線の車道を歩くこと約9kmで三浦登山口に。
そして登山口からおよそ1時間30分三浦峠に・・・
a0062810_1847434.jpg



三浦峠からすぐ真下には百瀬がそしてはるか彼方には伯母子岳が・・・
その更にその向こうに最終目的地でもある高野山が・・・
a0062810_1850459.jpg



デポしたクルマのあるここ百瀬を9時に出発しておよそ10時間後の18時48分に無事到着!
みなさん良くあそびましたマン!
a0062810_19048.jpg



あそんだ距離:チャリンコ/47km(青線)  徒歩/29.5km(赤線)
あそんだ時間:9時間48分
百瀬9:00~八木尾11:52(チャリ)
八木尾11:52~果無峠13:16~昴の郷14:33~425号線(車道区間約9km)~西中16:24分~三浦峠17:52~百瀬18:48(徒歩)
a0062810_1953485.jpg



八木尾~百瀬までのハイキング区間 29.5km
a0062810_1962012.jpg



このため!と言っても過言ではない・・・
十津川温泉300円也ビヤ~ン!モウうなっちゃうマン!
a0062810_19313185.jpg

[PR]

by katorogu | 2012-05-09 19:09 | トレイルラン・川遊び | Comments(0)

12.05.04(水) 藪サ&レオちゃんマン奥駆に

3日朝5時半、藪サ&レオちゃんマンが吉野を出発!
大峰奥駆無泊縦走だ!
これはオイラにとって自分のことのようで黙ってみてはいられない!
考えることなく応援エイドをすることに・・・


仲間をつのるとマツジュンとよっちゃんが名乗りを上げた!
小仲坊(11時04分)を出発するエイドマン!
a0062810_2026262.jpg



太古の辻に到着(12時21分)
このころすでに2人は強風と雨に行く手を阻まれていたのだった・・・
そんなことも知らずくつろぐエイドマン!
a0062810_2046291.jpg



そろそろ来るか・・・カップラーメンのスタンバイもOK!
顔出しボードも待ってる(笑)
a0062810_202351.jpg



でも予定到着時間が過ぎてもでもまだ来ない・・・
a0062810_2027327.jpg



昼過ぎから続いている風と小雨も時間と共に激しさを増してくる・・・
18時過ぎ・・・
予定の時間から3時間以上が過ぎて更に天候は荒れてきた!
考えたくはないけどオイラの頭の中には滑落遭難の四文字が・・・
ここまで来る可能性が少ないということで彼らの来るべきルートを辿ることに・・・

太古の辻から深仙小屋へ、中には4~5の宿泊者がいたが彼らの姿はなし!
お堂の中にもいない!

更に先へ進む・・・
釈迦ケ岳へもう少しという登りで強風霧の向こう側にうっすらと2つのライトが見えた・・・
「生きていた!無事だった!」18時53分
感極まる藪サ&レオちゃんマンとエイドマン隊員!
a0062810_20411129.jpg



太古の辻でお決まりの写真!を撮って前鬼に下山することに・・・
a0062810_20433588.jpg


続く・・・
[PR]

by katorogu | 2012-05-04 20:53 | Comments(1)