人の心

秋田県藤里町の2児童連続殺人事件の容疑者畠山鈴香の殺人の動機がまだあか明かされていないが彼女は世間から注目を浴びるヒロインになりたかったのではないだろうか・・・
「愛する我が子を失った」悲劇のヒロイン・・・
しかしその結果は「我が子を殺めてまで行った事」が蓋を開けてみると警察の捜査もあっけなく本人が想像してた程社会からの反響、同情も非常に少なかった
再度世間の注目を浴びるためには第二の幼児殺人が必要になったのではないだろうか・・・
これはあくまでも想像ではあるが彼女の生い立ちそして逮捕される前のマスコミの前での振舞いなどから自分に注目して欲しいという人並み以上の欲求があったように思えてならない
それにしても罪のない幼い命がこうも簡単に殺められるとは悲しい世の中になったものである
[PR]

by katorogu | 2006-07-20 14:38 | その他 | Comments(0)